閉じる

更新日:2020年11月26日

ここから本文です。

食育ってなに?

食育ってなに?

「食育」は、「食」についての知識と「食」を選ぶ力を身につけて、正しい食生活を送ることのできる人を育てることです。

平成17年に成立した食育基本法では、生きるための基本的な知識とされています。

「食」の大切さや感謝の気持ち、伝統的な食文化など「食」に関するさまざまなことを受け継いでいくことです。

食は生きるための心と体のくすりです。みんなで「食」について考えてみましょう。

なぜ「食育」に取り組まないといけないの?

「食」は私たちが生きていくために欠かせないものですが、「食」をめぐっていろいろな問題がでてきています。

私たちのまわりにはたくさんの食べ物があり、好きなものをいつでもどこでも好きなだけ食べることができます。

そんな豊かさの中で、食べ物のありがたさが見えにくくなり、食べ残しなどによって食品が捨てられるなど食べ物や農林水産業の大切さを忘れがちになっています。

また、生活スタイルがさまざまになり、核家族や共働きの世帯が増えてきている中で、これまでは日ごろの食事の中で自然と身についてきた基本的な知識を伝えることが難しくなってきました。

その結果、栄養バランスが偏ったり、不規則な食事が増えて、健康にも影響がでてきています。

このため、子どもから大人までみんなが、地域の農林水産物を知り、「食」についての知識や正しい食習慣を身につけて、健全な食生
活をおくることができる力を育てる「食育」が必要になっています。

「食育」ってなにをすればいいの?

「食育」という言葉を聞くと、なんだか難しそう・・・と感じていませんか?

「食育」は決して難しいことではなく、誰でも簡単に取り組むことができます。

また、普段なにげなく行っていることが、実は「食育」だったりします。

食事は家族や友だちなどと一緒に食べてこそおいしいものです。
みんなで食卓を囲み、「食べることの大切さ」「おいしいものを一緒に食べる喜び」「食べ物や生産者に対する感謝の気持ち」を伝えましょう。
朝起きたときは、体温も低く体は半分眠った状態です。これを目覚めさせ、活動できる状態にするのが朝食の役割です。
早寝・早起きを心がけ、バランスのとれた朝食をしっかり食べましょう。

家族で食卓を囲みましょう

一人暮らしの人は、毎日はできなくても、時には友人や職場の仲間と一緒に食事をとり、食べる楽しさを味わいましょう。

早寝早起きをして、朝ごはんを食べましょう

「今まで朝食抜きだったのに、急には食べられない」という人は

ヨーグルトや牛乳、バナナ、ゆで卵など軽い食事からチャレンジ。まずは食事の習慣を身につけましょう。

食材となる農林水産物を育ててくれる人、料理を作ってくれる人など、私たちの食事は多くの人の手を経ることで保たれています。
また、食事という行為は、動物や植物などの命をいただく行為でもあります。
感謝のこころで「いただきます」「ごちそうさま」のあいさつをしましょう。

栄養バランスのとれた食事を心がけましょう

栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。
人間は、食べ物に含まれる栄養によって、生命を守り、成長し、それをエネルギーにして体を動かすことができます。
いろいろな食べ物を組み合わせてまんべんなくとることで、栄養が偏りなく体内に取り入れられ、健康を維持できます。

 

お問い合わせ

鹿屋市農林商工部林務水産課水産係

電話番号:0994-31-1173

FAX番号:0994-43-2140

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?