閉じる

ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 組織案内 > 政策推進課 > 鹿屋基地に関すること > KC-130のローテーション展開に関する訓練受入までの経緯について

更新日:2020年9月8日

ここから本文です。

KC-130のローテーション展開に関する訓練受入までの経緯について

鹿屋基地におけるKC-130のローテーション展開について(令和元年9月2日)

令和元年9月2日(月曜日)、鹿屋基地における空中給油機KC-130のローテーション展開の実施について、九州防衛局長から説明がありましたのでお知らせします。

日時

令和元年9月2日(月曜日)11時00分~11時25分

場所

鹿屋市役所

説明者

九州防衛局長廣瀨律子、企画部次長池田学

対応者

鹿屋市長中西茂、鹿屋市議会議長宮島眞一

報告内容

資料(写し)(PDF:27KB)

 

空中給油機KC-130の鹿屋基地におけるローテーション展開に対する防衛省への要請内容の議会全員協議会への報告について(令和元年8月30日)

令和元年8月30日(金曜日)、空中給油機KC-130の鹿屋基地におけるローテーション展開に対する防衛省への要請内容について、議会全員協議会への報告を行いましたのでお知らせします。

日時

令和元年8月30日(金曜日)14時00分~14時16分

場所

議会全員協議会室

報告内容

資料(写し)(PDF:282KB)

 

空中給油機KC-130の鹿屋基地におけるローテーション展開に対する防衛省への要請について(令和元年8月26日)

令和元年8月26日(月曜日)、空中給油機KC-130の鹿屋基地におけるローテーション展開に対する防衛省への要請を行いましたのでお知らせします。

日時

令和元年8月26日(月曜日)11時15分~11時40分

場所

防衛省

要請者

鹿屋市長中西茂、鹿屋市議会議長宮島眞一、市長公室長坂野博志

対応者

防衛副大臣原田憲治、地方協力局長中村吉利、九州防衛局長廣瀨律子

要請内容

要請書(写し)(PDF:2,450KB)

 

MV-22オスプレイの地上展示を実施しました(令和元年7月31日)

鹿屋基地での訓練に参加予定のMV-22オスプレイの地上展示が実施されました。

日時

令和元年7月31日(水曜日)14時30分~15時00分

場所

海上自衛隊鹿屋航空基地

参加者

市関係者、市議会議員、鹿屋市基地関係連絡協議会委員、報道合計37名

内容

機体説明(米海兵隊)、質疑応答、機体見学

 

MV-22オスプレイの展示飛行の実施結果

平成30年12月17日に米軍のMV-22オスプレイの展示飛行を実施するとともに騒音測定を実施しました。

騒音測定は、九州防衛局が臨時的に設置した6カ所(小塚公園、岡泉公民館、野里集落センター、南部学校給食センター、衛生処理場、東地区学習センター)、鹿屋市が常時設置している2カ所(新川町町内会長宅、西原地区学習センター)の8カ所で行いました。

 

MV-22オスプレイの展示飛行を実施しました(平成30年12月17日)

鹿屋基地での訓練に参加予定のMV-22オスプレイの展示飛行を実施しました。
日時:平成30年12月17日(月曜日)11時30分頃~11時50分頃

展示飛行のお知らせ(PDF:343KB)

 

九州防衛局と協定書の締結(平成28年2月2日)

空中給油機KC-130の鹿屋基地におけるローテーション展開に関する協定書(PDF:67KB)

 

九州防衛局から再編交付金の交付額通知(平成27年12月21日)

 

若宮防衛副大臣との面談(平成27年12月19日)

平成27年12月19日(土曜日)に若宮防衛副大臣が来庁し、中西市長、下本地議長及び原口副市長に空中給油機KC-130の鹿屋基地へのローテーション展開の実施に理解を示したことに対して謝辞を伝えられました。
中西市長は、安全対策や騒音対策など9つの項目について申入れをしました。

面談概要(PDF:152KB)

 

鹿屋飛行場が「再編関連特定防衛施設」、鹿屋市が「再編関連特定周辺市町村」に指定。(官報告示)(平成27年12月10日)

官報(PDF:242KB)

 

空中給油機の訓練移転に係る質問項目(平成27年11月9日現在)

【資料】質問項目(85項目)(PDF:1,510KB)

 

議会全員協議会における市長表明について(平成27年10月30日)

市長表明内容(PDF:102KB)

 

空中給油機KC-130の鹿屋基地への訓練移転に係るこれまでの対応と防衛省との協議について(平成27年10月30日)

【資料】空中給油機(PDF:557KB)

 

空中給油機KC-130の鹿屋基地への訓練移転に係る住民説明会の開催について

空中給油機KC-130の鹿屋基地への訓練移転につきましては、去る5月18日に防衛省から説明を受け、その後市議会や地域住民の皆さまから様々な御意見、ご要望をいただいているところです。
本市のこれまでの対応及び防衛省との協議内容について、下記のとおり説明会を開催いたします。

開催日時

平成27年11月5日(木曜日)18時30分頃~20時

開催場所

リナシティかのや3階ホール

 

空中空輸機KC-130の鹿屋基地における訓練概要等に関する要望に係る回答について(平成27年10月26日)

要望書(回答)(PDF:1,153KB)

 

空中空輸機KC-130の鹿屋基地における訓練概要等に関する要望について(平成27年10月20日)

要望書(PDF:449KB)

 

デモフライトの実施結果について(平成27年8月24日)

8月24日に米軍のKC-130と海上自衛隊P-3Cのデモフライトを実施するとともに騒音測定を実施しました。
騒音測定は、鹿屋市が常時設置している2カ所(野里町町内会長宅、新川町公民館)、九州防衛局が6カ所(うち2カ所は、防衛局常時設置)の8カ所で行いました。

 

デモフライトの実施(平成27年8月24日)

先般の市議会への説明及び住民説明会でのご要望等を踏まえ、米軍のKC-130と海上自衛隊のP-3Cのデモフライトを実施しました。

日時

平成27年8月24日(月曜日)14時30分頃~16時頃

デモフライトのお知らせ(PDF:228KB)

 

住民説明会(平成27年7月11日~14日)

防衛省九州防衛局による住民説明会を次のとおり開催しました。

日時

場所

対象町内会

参加者数

意見等の概要

平成27年7月11日(土曜日)
18時30分~20時00分

大姶良地区学習センター
集会室

横山町、下堀町

22人

PDF(PDF:140KB)

平成27年7月12日(日曜日)
10時00分~11時30分

野里集落センター

野里町、高須町

92人

PDF(PDF:144KB)

平成27年7月12日(日曜日)
18時30分~20時00分

田崎地区学習センター
集会室

田崎町、川西町、川東町

37人

PDF(PDF:158KB)

平成27年7月13日(月曜日)
18時30分~20時00分

中央公民館集会室

白崎町、新川町、共栄町、新栄町

62人

PDF(PDF:170KB)

平成27年7月14日(火曜日)
18時30分~20時00分

西原地区学習センター
集会室

西原1丁目、西原2丁目西、西原2丁目東、西原2丁目中央、西原3丁目、西原4丁目、上野町、今坂町、新生町

83人

PDF(PDF:175KB)

合計(延べ人数)

296人

 

 

防衛省から鹿屋市議会に対する説明(平成27年7月6日)

平成27年7月6日(月曜日)に防衛省九州防衛局柏谷企画部長が来庁され、鹿屋市議会へ空中給油機KC-130の鹿屋基地における訓練概要等について説明されました。

当日配付された防衛省の資料(PDF:1,755KB)

 

防衛省から鹿屋市に対する説明(平成27年5月18日)

平成27年5月18日(月曜日)に、防衛省の原田政務官が来庁し、中西市長、下本地議長及び原口副市長に、空中給油機KC-130の鹿屋基地における訓練概要等について説明されました。

当日配付された防衛省の資料(PDF:6,043KB)

資料に記載されていない主な説明内容は次のとおりです。

項目

内容

離発着訓練

日中:8回、夜間:8回、1回あたり約4時間程度

地上給油訓練

月2回程度、1回あたり約6時間程度

荷下訓練

月2回程度、1回あたり約4時間程度

KC-130は訓練1回当たり1機飛来

訓練はいくつかを組み合わせて実施される可能性あり

在日米軍再編に関する防衛省説明

今後、今回の説明内容を精査し、国から詳細な情報提供をいただきながら、市民に対して丁寧に説明を行い、そして、市議会、地域、住民の声を拝聴し、市民の安心安全を第一に考えて対応していく予定です。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市市長公室政策推進課政策推進グループ

電話番号:0994-31-1125

FAX番号:0994-42-2001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?