閉じる

ホーム > 暮らし・手続き > 防災・防犯・交通安全 > 交通安全 > 交通安全情報 > チャイルドシートの適正使用に心掛け、子供を交通事故から守りましょう

更新日:2020年2月28日

ここから本文です。

チャイルドシートの適正使用に心掛け、子供を交通事故から守りましょう

鹿児島県のチャイルドシート使用率は、平成30年4月で55.5%と全国平均の66.2%を大きく下回り、全国ワースト6位(平成29年はワースト5位)となっています。
平成29年に警察庁が行った調査によると、チャイルドシートを使用しないで事故にあった場合、使用した時に比べて致死率が約16倍(平成28年は10倍)になるそうです。
子供の命を守るためにも、チャイルドシートの適正使用に心掛けましょう。
また、車に乗るときは後部座席も必ずシートベルトを着用し、交通安全に努めましょう。

※道路交通法により、「6歳未満の子供へのチャイルドシート使用」及び「全ての座席でのシートベルト着用」が義務付けられています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市市民生活部安全安心課防犯交通係

電話番号:0994-31-1124

FAX番号:0994-43-2001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?