閉じる

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 手当・助成・届出 > ひとり親世帯臨時特別給付金について

更新日:2020年6月26日

ここから本文です。

ひとり親世帯臨時特別給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯に特に大きな困難が心身に生じていることを踏まえ、こうした世帯の子育て負担の増加や収入の減少に対する支援を行うため、臨時特別給付金を支給します。

この給付金は、全国一律の制度です。

支給には、「1.基本給付」と「2.追加給付」があります。

1.基本給付(児童扶養手当を受給しているひとり親世帯等の方への給付)

支給対象者

次の(1)~(3)のいずれかに該当する方(児童扶養手当法に定める「養育者」の方も対象となります。)

(1)令和2年6月分の児童扶養手当が支給される方

(注釈)5月末までに児童扶養手当の資格を喪失した人や令和元年度の現況届が未提出の人は、支給の対象とはなりません。対象の方には、6月下旬に案内文を送付します。

(2)公的年金等(遺族年金・障害年金・老齢年金・労災年金・遺族補償など)を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方

(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

支給額

1世帯当たり5万円
・対象児童が2人以上いる場合は2人目以降1人につき3万円

2.追加給付(新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少している方への給付)

支給対象者

上記、基本給付の(1)又は(2)に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方

支給額

1世帯当たり5万円

申請及び支給方法について

支給に係る申請

令和2年6月分の児童扶養手当が支給される方(1.基本給付の(1)に該当する方)

1.基本給付:申請不要です。

ひとり親世帯への臨時特別給付金の受給を希望しない場合は、受給拒否の届出書を記入のうえ、市子育て支援課へ郵送または持参してください。(令和2年7月8日必着)

様式第1号:受給拒否の届出書(PDF:63KB)(別ウィンドウで開きます)

2.追加給付:申請が必要です。詳細が決まり次第、お知らせします

それ以外の方(1.基本給付の(2)、(3)に該当する方)

基本給付、追加給付とも申請が必要です。詳細が決まり次第、お知らせします。

支給方法(1.基本給付の(1)に該当する方)

令和2年7月下旬に児童扶養手当の指定口座に振り込む予定です。

なお、振り込みをもって通知にかえますので、別途支払通知は発送しません。

口座解約・変更等により指定口座への振り込みができない場合は、ひとり親世帯への臨時特別給付金が支給されませんので、ご注意ください。

その他

  • この給付金の支給を受けた後に支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合や、偽りその他不正の手段により給付金の支給を受けた場合は、支給した給付金の返還を求めます。
  • ひとり親世帯への臨時特別給付金の支給を受ける権利は、譲り渡し、又は担保に供してはいけません。

詐欺にご注意ください

ご自宅や職場などに市から問合せを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに市の窓口又は最寄りの警察にご連絡ください。

 

 
 
 
 
 
 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市保健福祉部子育て支援課児童家庭係

電話番号:0994-31-1134

FAX番号:0994-44-2494

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?