閉じる

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 手当・助成・届出 > 低所得の子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親)

更新日:2021年6月30日

ここから本文です。

低所得の子育て世帯生活支援特別給付金【ひとり親世帯分】

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、ひとり親の子育て世帯に対し、特別給付金の支給を行います。
これは、子育て世帯の実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、食費等による支出の増加の影響を勘案し支給するものです。

支給対象者

18歳に達する日以後の最初の3月31日まで(児童に政令で定める程度の障がいのある場合は20歳未満)の児童を監護・養育する方のうち、以下のいずれかに該当される方

(1)【申請不要】児童扶養手当受給者

令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受ける方

  • 対象者には令和3年4月中旬に案内通知を送付します。
  • 給付金の受け取りを希望しない場合は「給付金受給拒否の届出書」を市ホームページよりダウンロードするか、直接問い合わせいただき、郵送または窓口にて届出書をご提出ください。

(2)【申請必要】公的年金受給者

公的年金等を受給していることにより、令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けることができない方(「公的年金等」は、遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償などが該当します。)

  • 障害基礎年金等を受給されている方で令和3年3月からの児童扶養手当法改正により、手当の支給を受けることとなった方は申請不要です。
  • 5月上旬に申請書を対象の世帯へ送付しました。
  • 申請期限は令和4年2月28日までとなっております。

(3)【申請必要】家計急変者

令和3年4月分の児童扶養手当の支給は受けていないが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっているひとり親世帯の方。

  • 現在受付を行っております。申請期限は令和4年2月28日です。
  • 令和2年2月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて収入が基準額以下までに減少した方。
  • 令和3年4月1日から令和4年1月31日の間に離婚や死別などでひとり親となり、児童扶養手当の受給資格を得た方で、ひとり親になった日が属する月の翌月以降の収入が児童扶養手当の対象となる水準の方など。
  • 既に、低所得の子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親以外の低所得の子育て世帯分)の支給を受けている場合は該当になりません。
  • 収入が下がったことが確認できる書類(給料明細、年金額のわかる書類等)※、振り込みを希望する口座のわかるもの、本人確認書類(免許証等)をご持参ください。※扶養義務者がいる場合は扶養義務者の収入のわかる書類も必要です。

給付額

児童1人当たり一律5万円

支給時期

対象者(1)【児童扶養手当受給者】に該当する方

4月中に児童扶養手当を支給している口座へ振り込む予定です。(個別に郵送されたお知らせをご確認ください。)

対象者(2)【公的年金給付等受給者】に該当する方

5月上旬に申請書を対象の世帯へ送付します。

申請内容を審査した後、原則申請月の翌月下旬を目途に指定口座に振り込みます。

対象者(3)【家計急変者】に該当する方

現在受付を行っております。

申請内容を審査した後、原則申請月の翌月下旬を目途に指定口座に振り込みます。

給付金(ひとり親世帯分)受給拒否の届出書(PDF:121KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市保健福祉部子育て支援課児童家庭係

電話番号:0994-31-1134

FAX番号:0994-44-2494

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?