閉じる

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 高齢者福祉 > 在宅福祉サービス > 支給サービス(訪問給食、紙おむつ、介護慰労金、高齢者祝金)

更新日:2021年9月10日

ここから本文です。

支給サービス(訪問給食、紙おむつ、介護慰労金、高齢者祝金)

鹿屋市では、高齢者や介護者の福祉増進を図るため次の支給サービスを行っています。お申込みは、本庁、各総合支所で申請できます。

訪問給食

訪問給食

内容

在宅で日常生活を営むのに支障のある高齢者に昼食・夕食を配食し、食生活の改善、健康増進及び孤立感の解消を図り、併せて安否確認を行います。

利用可能日

週6日(月曜日~土曜日)。ただし、日曜日と年末年始(12月30日~1月3日)を除きます。

対象者

本市に住所を有し、次のいずれかに該当する方で、老衰、心身の障害、傷病等の理由により食生活の支援が必要で定期的に安否の確認を必要とする方が対象です。

・おおむね65歳以上又は障害者のみの世帯に属する方

・おおむね65歳以上の高齢者又は障害者で同居の親族が就労等のため昼間不在となる方

・おおむね80歳以上の高齢者のみの世帯で同居の配偶者が介護を必要とし日常生活に支障のある方

料金(1食当たり)

非課税世帯・生活保護受給者 400円

課税世帯 550円

※年度の途中において、住民税の課税状況等に変更が生じた場合は、課税状況等変更届がなされた翌月から変更後の料金が適用されます。

※毎年、住民税の確定に基づき利用料金を決定します。

申請方法

窓口で直接申請してください。

注意点

  1. 配食は、1日一人当たり昼食又は夕食の2食以内とし、継続して配食を受けることを原則とします。
  2. 安否確認(配達員による声かけ)が必要でない方は対象になりません。
  3. 治療食には対応していません。減塩やきざみ食は、可能な範囲で相談に応じます。
  4. 3か月以上利用を停止した場合は、サービス利用は廃止になります。
  5. 次のいづれかに該当するときは、市又は事業者に届出をしてください。

(1)住所を変更したとき。

(2)配食を一時停止又は中止しようとするとき。

(3)配食内容(配食日等)を変更するとき。

実施者

市が委託した事業者が給食の調理、配達、安否確認、料金徴収を行います。

事業者募集・選考(平成31~令和3年度)

高齢者等訪問給食事業に係る公募型プロポーザル

紙おむつ

内容

紙おむつの必要な寝たきり高齢者・認知症高齢者を抱える家族に対して、在宅生活の支援として紙おむつを支給します。

対象者

以下の要件のいずれにも該当する者を、在宅で介護している方(市内に居住し、住民基本台帳に登録されている者)。

  1. 市内に居住し、住民基本台帳に登録されている者で、要介護認定を受けている者
  2. 要介護認定申請に係る調査又は主治医意見書において、障害高齢者の日常生活自立度がB以上又は認知症高齢者の日常生活自立度がⅢa以上と判定され、かつ、常時おむつが必要な状態が3か月以上継続している者
  3. 当該年度(4月から6月までは前年度)において市町村民税が課税されていない者
  4. 在宅日数が1月当たり20日以上であること
  5. 次に掲げる施設に入院又は入所していないこと
  • 医療機関
  • 介護保険施設、地域密着型介護老人福祉施設、認知症対応型共同生活介護施設、特定施設
  • 養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 食事の提供、介護の提供、洗濯・掃除等の家事、健康管理等の生活支援を行う高齢者向けの居住施設、又はこれらに類するものとして市長が適当でないと認める施設

※上記要件に該当しなくなった場合には、市へ届出をしてください。

申請方法

窓口に直接申請してください。

紙おむつ支給事業申請書(PDF:180KB)

支給内容

指定の薬店で、受給券を1か月につき1種類の紙おむつと引き換える

種類

支給枚数

フラット型紙おむつ

90枚

テープ型紙おむつSサイズ

34枚

テープ型紙おむつMサイズ

30枚

テープ型紙おむつLサイズ

26枚

尿取りパッドLサイズ

150枚

尿取りパッドXLサイズ

60枚

パンツ型紙おむつSサイズ

22枚

パンツ型紙おむつMサイズ

20枚

パンツ型紙おむつLサイズ

18枚

パンツ型紙おむつXLサイズ

16枚

介護慰労金

内容

要介護高齢者、要介護障害者の介護者に慰労金を支給します。

対象者

資格認定日の8月1日及び2月1日現在本市に1年以上居住し住民登録を有する人で、要介護高齢者(65歳以上)又は要介護障害者(20~64歳)を同居又はこれに準ずる状態で在宅で引き続き6か月以上介護している人。(詳しい要件はお問い合わせください)

支給額

要介護高齢者

  • 要介護2(重度認知症のみ)、要介護3:年額3万円
  • 要介護4、要介護5:年額6万円

要介護障害者

  • 20~64歳:年額3万円

申請方法

窓口に直接申請してください。

注意点

  1. 資格認定日以前の半年間のうち、通算して3か月以上在宅で介護している必要があります。
  2. 申請期間は8月1~31日又は2月1~2月末日です。

高齢者祝金・特別祝金

目的

高齢者に対し、長寿を祝福し、敬老の意を表するため、祝い金を支給します。

対象者

毎年9月1日(以下「基準日」という。)現在において、本市に基準日以前1年以上居住し、かつ、住民登録を有する80歳、88歳、101歳以上の方が対象です。なお、1年以上、鹿屋市外の施設や病院等などに入所や入院している場合は、支給対象外となります。

支給額

年齢

支給額

80歳

5千円

88歳

1万円

101歳以上

3万円

支給方法

支給対象者には9月初旬に、「通知はがき」により訪問日をお知らせし、市の職員が自宅や施設に訪問し、お祝金を支給します。

支給時に必要なもの

自宅訪問の場合

1.「通知はがき」
2.支給対象者の印鑑(シャチハタは不可)

市役所窓口で受け取りの場合

上記1.、2.に加えて、
3.支給対象者の身分証明書(免許証や健康保険証)

代理人が受取りの場合

上記1.~3.に加えて、
4.代理人の身分証明書(免許証や健康保険証)

高齢者特別祝金

上記に関わらず、本市に誕生日以前1年以上居住し、かつ、住民登録を有する100歳の方に、事前連絡をし、市の職員が自宅や施設に訪問し、お祝金として8万円を支給します。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市保健福祉部高齢福祉課介護福祉係

電話番号:0994-31-1116

FAX番号:0994-41-0701

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?