閉じる

ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 組織案内 > 政策推進課 > 鹿屋基地に関すること > 米軍無人機MQ-9の一時展開に関する情報について

更新日:2022年6月24日

ここから本文です。

米軍無人機MQ-9の一時展開に関する情報について

米軍無人機の一時展開に関する質問書の回答について(令和4年6月24日)

九州防衛局から回答がありましたのでお知らせします。

回答書(PDF:367KB)

九州防衛局への質問書の提出について(令和4年6月16日)

皆様から寄せられた質問や意見等を基に、以下の質問書を九州防衛局に提出しました。

質問書(PDF:411KB)

住民説明会について(令和4年6月3日から6月5日)

防衛省が説明を行う住民説明会を、次のとおり開催しました。

日時 場所【地図(外部サイトへリンク) 参加者数 意見等の概要

令和4年6月3日

(金曜日)

18時30分から21時05分 田崎地区学習センター 43人 概要(PDF:193KB)

令和4年6月4日

(土曜日)

14時00分から15時40分 大姶良地区学習センター 30人 概要(PDF:150KB)
18時30分から21時05分 中央公民館 62人 概要(PDF:235KB)

令和4年6月5日

(日曜日)

14時00分から15時45分 野里集落センター 38人 概要(PDF:245KB)
18時30分から20時35分 西原地区学習センター 44人 概要(PDF:232KB)

当日配布された防衛省の資料(1)(PDF:6,981KB)

当日配布された防衛省の資料(2)(PDF:3,009KB)

  • どの会場にも手話通訳者を配置しました。

新型コロナウイルス感染症対策のため、以下のとおりの取扱いとしました。

  • 1人あたり1会場のみの参加
  • 受付での来場者名簿への記入(氏名,住所,電話番号)
  • 受付での体温測定の実施
  • マスクの着用

米軍無人機の一時展開に関する質問書の回答について(令和4年5月23日)

九州防衛局から回答がありましたのでお知らせします。

回答書(PDF:379KB)

防衛省から鹿屋市に対する説明(令和4年5月23日)

令和4年5月23日(月曜日)に、防衛大臣政務官以下が来庁され、説明がありました。

当日配布された防衛省の資料(PDF:1,877KB)

現地調査(細部・専門的調査)に関する情報について(令和4年3月14日~18日)

九州防衛局から連絡がありましたのでお知らせします。

3月18日(金曜日)

基地内での打合せを実施

日米調査員は、16時過ぎに自衛隊機(C-2)で鹿屋基地を離陸

3月17日(木曜日)

基地内での打合せ及び基地外での調査を実施

3月16日(水曜日)

基地内での打合せ及び基地外での調査を実施

3月15日(火曜日)

15時30分頃:一部の調査要員が横田基地から米軍機(C-12)により鹿屋基地へ到着

基地内での打合せ及び基地外での調査を実施

3月14日(月曜日)

16時30分頃:自衛隊の輸送機2機により日米の調査員が到着

  • 米側調査員:在日米軍、米本土から28名
  • 日本側調査員:防衛省、海上幕僚監部、九州防衛局から14名
  • 合計42名

日米の調査要員により、基地内の調査を開始

3月8日(火曜日)

防衛省の資料(PDF:158KB)

現地調査(基礎的調査)に関する情報について(令和4年2月28日~3月4日)

九州防衛局から連絡がありましたのでお知らせします。

3月4日(金曜日)

午前中は、基地内での打合せを実施

日米調査員は、12時30分頃に自衛隊機(U-4)で鹿屋基地を離れました。

3月3日(木曜日)

終日、基地内での打合せを実施

日米調査員は、明日昼過ぎに鹿屋基地を離れる予定

3月2日(水曜日)

基地内での打合せ及び基地外での調査を実施

3月1日(火曜日)

基地内での打合せ及び基地外での調査を実施

2月28日(月曜日)

米側要員の到着時間・方法 11時30分頃、航空自衛隊入間基地所属C-1輸送機にて
米側要員及び日本側要員の人数
  • 米側:7名
  • 日側:9名

明日以降は、米側3名・日側7名

調査内容
  • 到着後、基地内の状況を確認
  • 基地外での調査は行っていない。
その他 調査員の宿泊・食事は基地内で行う。

米軍無人機の一時展開に関する質問書の回答について(令和4年2月28日)

九州防衛局から回答がありましたのでお知らせします。

回答書(PDF:277KB)

九州防衛局から鹿屋市に対する説明(令和4年2月21日)

令和4年2月21日(月曜日)に、九州防衛局企画部長以下が来庁し、説明がありました。

当日配布された防衛省の資料(PDF:1,460KB)

九州防衛局への質問書の提出について(令和4年2月18日)

皆様から寄せられた質問等を基に、以下の質問書を九州防衛局に提出しました。

質問書(PDF:402KB)

九州防衛局から鹿屋市に対する説明(令和4年2月9日)

令和4年2月9日(水曜日)に、九州防衛局長以下が来庁され、説明がありました。

当日配布された防衛省の資料(PDF:4,320KB)

九州防衛局から鹿屋市に対する説明(令和4年1月27日)

令和4年1月27日(木曜日)に、九州防衛局企画部長以下が来庁し、説明がありました。

【主な説明内容】

  • 日米同盟の抑止力・対処力の強化を図るため、同盟の警戒監視能力を向上させたい。
    その一環として、警戒監視用の米軍の無人機MQ-9の展開先を日米で検討しており、海上自衛隊鹿屋航空基地への展開の可能性も視野に、検討に必要な調査を行いたい。
  • 今回は、あくまでも調査を行いたいとの意向を説明に来たものであり、現段階において鹿屋航空基地への展開が決まっているものではない。
    調査の際には、防衛省の職員と共に、米軍関係者が鹿屋航空基地を訪れることを検討している。

当日配布された防衛省の資料(PDF:1,505KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市市長公室政策推進課政策推進グループ

電話番号:0994-31-1125

FAX番号:0994-42-2001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?