閉じる

ホーム > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルスワクチン接種

更新日:2021年4月27日

ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチン接種について

更新しました(令和3年4月27日時点)

※更新(変更)部分を「赤字」で表示していますので、ご確認ください。

本市では、新型コロナウイルスのワクチンの供給が可能となった際に、速やかに接種が可能となるよう、関係機関と連携し、接種体制の準備を進めています。

具体的な接種開始時期や接種場所等が決まりましたら、市のホームページや広報などで順次お知らせしていきます。

ワクチン接種の同意について

新型コロナウイルスワクチンの接種は強制ではなく、接種を受ける方の同意がある場合に限り、接種を行うことになります。

受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

ページの先頭へ戻る

ワクチン接種順位・接種対象者・接種開始時期

現時点では、次のような順番で進めていく予定です。

順番 接種対象者 接種開始時期
(1) 医療従事者など 3月中旬開始予定
(2)

65歳以上の高齢者の方

(※令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)

4月中旬開始予定

(高齢者施設から開始予定)

(3) (2)の方以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設などで従事されている方

開始時期未定

(高齢者施設等従事者のうち、

優先度の高い人は4月中旬から開始予定)

(4) (1)(2)(3)以外の方 開始時期未定

ページの先頭へ戻る

【高齢者向け】新型コロナウイルスワクチン接種について

5月中旬から、高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン接種が始まります。

高齢者向け

予約方法【受託医療機関(かかりつけ医)・集団接種】

高齢者向け予約方法(PDF:623KB)

受託医療機関(個別接種会場)一覧

iryoukikan3(PDF:437KB)

集団接種会場(市内公共施設)

集団接種会場(PDF:686KB)

接種券の郵送について

本市からは、接種順番「(2)65歳以上の高齢者の方」へ3月下旬に接種券の郵送済。
(※それ以降の方々は、順次郵送予定)

接種会場(原則として住民票のある市町村で接種)

本市では、かかりつけ医などの医療機関で行う「個別接種」を中心に、公共施設等で接種する「集団接種」等を併用して実施する予定です。

  • かかりつけ医(医療機関)などのうち受託医療機関(鹿屋市、肝付町、東串良町)
  • 集団接種会場(市武道館など)
  • やむを得ない事情がある場合=市外の医療機関や施設(入院や介護施設等に入所している人など)

※受託医療機関や集団接種会場は決まり次第、市のホームページ等でお知らせします。

接種回数

2回

接種費用

新型コロナワクチン接種は、無料で受けることができます。

接種方法

かかりつけ医(医療機関)での接種方法については、広域連携(鹿屋市・肝付町・東串良町)で取り組みます。

接種までの流れ

1 接種券を受け取る  
2 予約する 【予約方法】電話、または市ホームページ
3 接種会場へ(接種券、予診票、身分証明書を持参) 【接種場所】かかりつけ医や集団接種会場(市武道館などの公共施設)

接種予約方法

【令和3年4月27日時点】

集団接種の予約枠が埋まりましたので受付を終了しました。
今後、ワクチンの入荷見込みや医療機関での接種状況を踏まえ、追加の実施を検討します。

なお、かかりつけ医などでの「個別接種」については、各医療機関へお問い合わせのうえ予約してください。

接種方法 予約方法
かかりつけ医(医療機関)での接種を希望する人 受託医療機関へ直接電話で予約
集団接種の予約確認等について

以下のコールセンターへ電話、または予約専用サイトにて予約内容の確認及びキャンセルの受付が可能です。

 

【コールセンター】

0570-012-130(9:00~17:00)※土曜日・日曜日・祝日除く

 

【予約確認等サイト】

QR

高齢者向け予約確認・キャンセル受付サイト(外部サイトへリンク)

 

※コールセンターが大変混雑し、電話がつながりにくくなりますので、予め御了承ください。

※日頃から利用されている病院等(かかりつけ医)がある方は、そちらでも接種が受けられますので、各病院等にお問合せください。

ページの先頭へ戻る

新型コロナワクチン接種コールセンター

本市の新型コロナウイルスワクチン接種コールセンターを開設しました。(3月8日)

新型コロナウイルスワクチン接種専用ダイヤル:0570-012-130
受付時間:9時00分~17時00分(土曜日、日曜日、祝日は除く)

  • ワクチン接種に関する問合せ

※集団接種の予約受付については改めてご案内しますので、もうしばらくお待ちください。

※耳の不自由な方はこちらをご利用ください。
FAX:0994-41-2117
Mail:下記「メールによるお問い合わせ」からお願いします。

新型コロナワクチン接種に関するその他の問い合わせ先

<ワクチン接種後の副反応等に係る専門的知見が必要になる相談について>
○コロナ相談かごしま(鹿児島県)

  • 電話番号:099-833-3221
  • 受付時間:10時から17時まで(土曜・日曜・祝日を含む)
    7か国語対応(英語・中国語・韓国語・スペイン語・タイ語・ベトナム語・ポルトガル語)

 

<ワクチンの有効性や安全性等について>
○厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

  • 電話番号:0120-761-770
  • 受付時間:9時から21時まで(土曜日・日曜日・祝日を含む)

ページの先頭へ戻る

接種券再発行、または住所地外接種届出について

コロナワクチン接種券の再発行について

<再発行申請が必要な場合>

  • 接種券を紛失、減失、破損等した場合
  • 接種券の発送後に住民票所在地が変更となった場合
  • 接種券が届かない場合
  • 住民票及び戸籍に記載がない場合
  • その他接種券の再発行が必要と市町村長が認める場合
    ※接種券の再発行申請は原則住民票所在地の市町村に対して行うものとなっていますが、住民票又は戸籍に登録がない等の
     事情がある場合は、居住地の市町村に対して申請等を行い接種券の再発行を受けられることとなっています。

<申請方法>

【郵便申請(本庁)】

  • 「接種券再発行申請書」(PDF:328KB)を出力・記載し、返信用封筒とお持ちの接種券(無い場合は身分証明書の写し)を同封の上、鹿屋市新型コロナワクチン接種推進室へ郵送してください。
  • 申請書を出力出来ない場合は、「氏名・生年月日・住所・電話番号・接種歴(接種日、接種場所、ワクチン名)・前住所」と接種券再発行希望(任意様式で可)を記載し、返信用封筒を同封の上、鹿屋市新型コロナワクチン接種推進室へ郵送してください。
  • 申請書の記載内容等を確認し、問題が無ければ鹿屋市新型コロナワクチン接種推進室から接種券を郵送します。

【窓口申請(本庁、保健相談センター)】

  • 「接種券再発行申請書」を記載し、本人確認の身分証明書(運転免許証等)の写し(代理人も同様)、お持ちの接種券と一緒に提出してください。
  • 申請書の記載内容等を確認しまして、問題が無ければ接種券を交付します。
    (※即日発行出来ない場合は、郵送となります。)

住所地外接種届出について

やむを得ない理由があり、住民票所在地以外で接種を受けたい方

<本市への申請が必要な方>

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • 単身赴任者など

<本市への申請が不要な方>

  • 入院・入所者
  • 基礎疾患を持つ方が主治医の下で接種する場合
  • 災害による被害にあった方
  • 拘留又は留置されている方や受刑者など
  • 住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難な方

<申請方法>

○郵便申請(本庁)

  • 「住所地外接種届」(PDF:43KB)を出力・記載し、返信用封筒と接種券の写しを同封の上、鹿屋市新型コロナワクチン接種推進室へ郵送してください。
  • 接種届出書を出力出来ない場合は、「氏名・生年月日・住民票に記載の住所及び居住先住所・電話番号・接種状況、届出理由、送付先住所」と住所地外接種希望(任意様式で可)を記載し、返信用封筒を同封の上、鹿屋市新型コロナワクチン接種推進室へ郵送してください。
  • 接種届の記載内容を確認しまして、問題が無ければ鹿屋市新型コロナワクチン接種推進室から「住所地外接種届出済証」を郵送します。

○窓口申請(本庁)

  • 「住所地外接種届」を記載し、お持ちの接種券と一緒に提出してください。
  • 接種届の記載内容を確認しまして、問題が無ければ「住所地外接種届出済証」を交付します。(※即日発行出来ない場合は、郵送となります。)

<接種日当日>

  • 事前に医療機関等に予約し、当日は住所地から送付された「接種券」と「住所地外接種届出済証」を持参すること。

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルスワクチン接種に関するアンケートについて

新型コロナウイルスワクチン接種に関するアンケートは、受付を終了しました。
アンケート入力へのご協力をいただき、誠にありがとうございました。
アンケート結果については、次のとおりとなりましたので掲載します。

ページの先頭へ戻る

接種を受けた後に副作用が起きた場合の健康被害救済制度

一般的に、ワクチンの接種では、副反応による健康被害が、極めて稀ではあるものの不可避的に発生するため、健康被害救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障がいが残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

なお、現在の救済制度の内容については、厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)をご参照ください。

ページの先頭へ戻る

不審な電話にご注意

新型コロナに係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報を騙し取ろうとする電話に関する相談が、消費生活センターに寄せられています。

市町村等が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話で求めることはありませんのでご注意ください。

ワクチン詐欺に関する消費者トラブルや相談等については、国民生活センターで下の専用ダイヤルを開設しています。

「新型コロナワクチン詐欺消費者ホットライン(無料電話相談)」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

  • 電話番号:0120-797-188
  • 受付時間:10時から16時まで(土曜・日曜・祝日を含む)

ページの先頭へ戻る

関連リンク集

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市保健福祉部健康増進課新型コロナワクチン接種推進室

電話番号:0994-45-4712

FAX番号:0994-41-2935

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?