閉じる

ホーム > 産業・しごと > 農業・林業・水産業 > 食育 > 「かのやの食べて育む知恵袋」

更新日:2024年5月22日

ここから本文です。

「かのやの食べて育む知恵袋」

毎月19日は、「かのや食育の日」です。

食育に関する情報を、月ごとに紹介します。

令和6年度

5月

毎月19日は、「かのや食育の日」です。今月のテーマは「減塩に心がけましょう!」です。

わたしたちが普段食べている和食は、無形文化遺産となり世界的にもヘルシーで健康的なイメージで注目されています。

一方で醬油や味噌などを使った伝統料理が多く、塩分が非常に高い料理が多いのも特徴です。

また、近年では、ライフスタイルの変化から、ファストフードや外食・加工食品などを利用する人が増え、塩分を多く摂取しがちです。

日本人はどの程度の塩分を1日に摂取しているのでしょうか?

日本人の食塩の摂取量は男性10.9g、女性9.3g(厚生労働省:2019年国民健康栄養調査結果)と推計されています。

1日の食塩摂取目標量は男性7.5グラム未満、女性6.5グラム未満となっており、毎日2グラム以上の減塩を心がけなければいけません。

そこで、塩分を摂りすぎることで体へおよぼす影響と、減塩のポイントなどをご紹介します。

自分の食生活に合わせ、減塩に心がけてみましょう!

5月

 

4月

【野菜をとりましょう!】

5月

【減塩に心がけましょう!】

6月

4月(PDF:446KB)

5月(PDF:658KB)  

 

過去の「かのやの食べて育む知恵袋」

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市農林商工部農政課農業振興係

電話番号:0994-31-1117

FAX番号:0994-43-2140

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?