閉じる

ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 組織案内 > 政策推進課 > 鹿屋市短期経済観測調査(かのや短観)

更新日:2020年11月13日

ここから本文です。

鹿屋市短期経済観測調査(かのや短観)

鹿屋市短期経済観測調査について

鹿屋市では本市の経済動向をより的確に把握するため、平成27年度から市内事業者の協力を得て「鹿屋市短期経済観測調査(かのや短観)」を行っています。
今回、「第21回鹿屋市短期経済観測調査(かのや短観)」を実施し、結果をとりまとめましたのでお知らせします。

第21回調査結果のポイント

  • 2020年7~9月期の業況は「改善」。
  • 業況D.I.は、調査開始(2015年7~9月期)以来、2番目に低い水準。
    前期よりは改善したものの、新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい状況が続く。
  • 2020年10~12月期の業況は「やや改善」する見通し。

業況DI

今期は▲44(良い<悪い)と、前期(▲56)より改善。

  • 全体としては10期連続のマイナスで、調査開始(2015年7~9月期)以来、2番目に低い水準となった。
  • 前年同期(▲17)と比較すると、大幅に悪化。
  • 業種別では、不動産業(前期0→今期▲14)を除く全ての業種で改善した。緊急事態宣言解除による経済活動の再開で、卸売・小売業(前期▲67→今期▲25)が大幅に改善し、宿泊・飲食業(前期▲100→今期▲93)、運輸業(前期▲60→今期▲56)もD.I.は低水準ながらやや改善した。

来期は▲38(良い<悪い)と、やや改善する見通し。

  • 業種別では、運輸業(今期▲56→来期▲25)、宿泊・飲食業(今期▲93→来期▲77)、農水産業(今期▲27→来期▲18)、建設業(今期▲32→来期▲28)が改善する見通しであるが、依然としてD.I.は低水準となっており、先行き不透明な状況が続く。

第21回かのや短観
※上記は、主なDI値の概況です。詳細は「鹿屋市短期経済観測調査(かのや短観)結果」を御覧ください。

前期:2020年4月~6月期
今期:2020年7月~9月期
来期:2020年10月~12月期

調査要領

  • 対象企業:市内事業所180箇所
  • 調査時期:年4回(四半期ごと)
  • 調査方法:郵送方式
  • 集計方法

回答数の構成比を求めた上で、「良い」の構成比から「悪い」の構成比を引いて「DI値」として指標化しました。
例えば、景況感の「良い」が10%、「悪い」が50%の場合、DI値は「-40」となります。
「DI」(DiffusionIndex、ディフュージョン・インデックス)は、企業や業界の景況感などを数値化した指標で、日本銀行の「全国企業短期経済観測調査」(日銀短観)などで用いられています。

  • 質問項目

業況、生産高、売上・完工高、在庫、販売単価、仕入単価、資金繰り、雇用人員、損益

鹿屋市短期経済観測調査結果

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市市長公室政策推進課政策推進グループ

電話番号:0994-31-1125

FAX番号:0994-42-2001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?