閉じる

ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 市民税・県民税 > 各年度の主な税制改正について > 令和3年度(令和2年分)申告からの主な税制改正について > イベントの中止等によるチケット払戻請求権を放棄した場合の寄附金税額控除について

更新日:2020年7月28日

ここから本文です。

イベントの中止等によるチケット払戻請求権を放棄した場合の寄附金税額控除について

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、政府の自粛要請を踏まえて中止・延期・規模の縮小が行われた文化芸術・スポーツイベントについて、チケットの払い戻しを受けない(放棄する)場合に、その金額分を「寄附」とみなして寄附金税額控除を受けることができます。

 

対象となるイベント

寄附金税額控除の対象となるイベントは、以下の要件をすべて満たす必要があります。

  1. 令和2年2月1日から同3年1月31日までに日本国内で開催、又は開催予定の不特定かつ多数のものを対象とする文化芸術・スポーツイベント
  2. 政府の自粛要請を踏まえて中止・延期・規模の縮小が行われたイベント
  3. 上記1及び2に該当し、主催者が申請により文化庁又はスポーツ庁の指定を受けたイベント

手続き

  1. 主催者が文化庁またはスポーツ庁に申請
  2. 文化庁、又はスポーツ庁が主催者に指定行事証明書を交付、指定したイベント名を公表
  3. 主催者がチケット払戻請求権を放棄したかたに指定行事証明書コピー、払戻請求権放棄証明書を交付
  4. 確定申告の際に、指定行事証明書のコピー、払戻請求権放棄証明書を申告書に添付

文化庁・スポーツ庁の指定イベント

対象となる課税年度

令和3年度分、又は4年度分

控除対象上限額

合計額が20万円
なお、他の寄附金控除控除対象額も合わせて総所得金額等の30パーセントが上限となります。

お問い合わせ

鹿屋市総務部税務課市民税係

電話番号:0994-31-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?