閉じる

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 成人式 > 民法改正による成年年齢引下げ後の成人式について

更新日:2021年3月24日

ここから本文です。

民法改正による成年年齢引下げ後の成人式について

民法改正後もこれまでどおり20歳を対象とします

民法改正により、2022年(令和4年)4月1日から、成年年齢が現行の20歳から18歳に引き下げられます。
本市では、令和4年度以降も従来どおり「20歳」を対象とした式典を開催する方針です。

民法改正後の成人式

対象年齢 開催年度に20歳を迎える方
名称 検討中(決まり次第、広報誌やHP等でお知らせします。)

20歳を対象とする主な理由

  • 18歳の多くが進学や就職といった将来に向けての進路選択における重要な時期であり、本人及び保護者の時間制約や精神的、経済的に負担が大きくなるため
  • 進学や就職など地元を離れた人が、式典をきっかけとして集まることで、地域や同級生とのつながりを感じる機会となるため

 

 

お問い合わせ

鹿屋市教育委員会生涯学習課社会教育係

電話番号:0994-31-1138

FAX番号:0994-41-2935

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?