閉じる

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 図書館 > 「親と子の20分間読書」運動

更新日:2020年8月1日

ここから本文です。

「親と子の20分間読書」運動

読書は、子どもが言葉や文字に触れ、豊かな完成や情緒の基盤を育むとともに表現力を高め、想像力を豊かにするものです。

「親と子の20分間読書」運動を通じて、親と子のふれあいを大切にする家庭を築いていきましょう。

「親と子の20分間読書」運動ってどんなことをするの?

ルールは3つ

  • 家庭で子どもが声に出して本を読む。
  • そのとなりで、家族がじっと耳を傾ける。
  • 読み終わったら、親子で本の内容について感想を言ったり、ほめたりする。

本を話題にして親と子の心がふれ合う楽しい時間を

身近に本を置きましょう

子供部屋にリビングに寝室に。家のあらゆる場所に本をおいて、いつでも、どこでも、誰でも気軽に本にふれあう環境をつくりましょう。

毎日続けましょう

読書を楽しみながら、長く続けることに意味があります。

20分間にこだわらず、親子で毎日続けられるルールを考えてみましょう。(寝る前、宿題をはじめる前など)

聞き上手の親になりましょう

親が興味を持って聞いてあげると子どもは喜びます。

子どもの近くで静かに耳を傾け、読み終わったらたくさんほめてあげましょう。

お問い合わせ

鹿屋市教育委員会生涯学習課文化振興係

電話番号:0994-31-1138

FAX番号:0994-41-2935

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?