閉じる

ホーム > 暮らし・手続き > 共生・共同・人権 > 男女共同参画 > 男女共同参画講演会を開催しました

更新日:2021年1月7日

ここから本文です。

男女共同参画講演会を開催しました

男女がお互いにその人権を尊重し合い、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会について、その意義や重要性を市民の皆様により身近な問題として理解を深めていただくため、男女共同参画講演会を開催しています。

これまでに開催された講演会

令和2年度男女共同参画講演会

令和2年12月10日(木曜日) 鹿屋市文化会館 

講師:藤原 奈美 氏 (大隅くらし・しごとサポートセンター長)

演題:「くらしの多様な困難に直面する女性たち~まなざしとサポートについて~」

~内容~

女性や高齢者、子どもなど弱い立場の人たちが抱える困難のサインを見逃さないよう、アプローチのポイントやサポートの手法について、専門的な知識を交えながらお話されました。

また、今年はDV相談に加え、新型コロナウイルス感染症に係る人権相談も多く、支援の重要性を訴えられました。

写真:講演会の様子

参加者の感想

  • 安全でないひとのサインというのが、とても心にささりました。
    相手の話を聴き言葉を尽くして、会うことを心がけたいと思いました。
  • コロナ禍で孤立している現在、対話、コミュニケーションが大事・必要となっている。
    言葉を変えて伝えることが大事。
  • 社会の中の偏見など、気づかない所であることを感じました。
    家族の中の言葉遣いなど、気をつけていきたいとも思いました。
  • 民生委員として活動する中で、信頼関係を築けているのか?何でも相談してもらえているのか?
    私はそれをきちんと聞いてあげているのか?と考えてしまいました。
    何でも相談してもらえる、そして色々な機関に通して問題を解決できる、民生委員を目指したいと思いました。
  • 改めて相手の気持ちにより添えられる自分でありたい。

令和元年度 男女共同参画講演会

令和元年12月14日(土曜日)リナシティかのや 情報研修室
演題:「夫源病(ふげんびょう)~もっと楽にやっていける夫婦関係って~」

~内容~
2001年「男性更年期外来」を開設して以来、患者たちの相談に応じながら、夫婦間のコミュニケーション不足があることがわかった。夫の何気ない言動に対する不満や夫の存在が強いストレスとなり、妻に更年期障害のような症状が現れる病気を「夫源病」と名付けた。夫婦揃ってのカウンセリングを始めたところ効果が現れ始めた。
円満な夫婦関係を保つには、1.日常の会話を大切に、2.お互いがまんせず、言いたいことは言いあう、3.自立をするために男性も料理をする、4.パートナーを「おい」「お前」でなく名前で呼ぶこと等、夫婦の対等な関係の重要性を訴えた。
会場は、終始笑い声に包まれた講演会でした。

参加者の感想

  • 夫婦で参加しました。6月に夫は退職したばかり。たいへん楽しくたいへんためになりました。(50歳~60歳代、女性)
  • 夫婦での声のかけ方が、特に勉強になりました。結婚はしていませんが、両親などとの話の中で参考にしていきたいと思いました。(30歳~40歳代、女性)
  • 「対等な一個人として」ということを忘れず、夫との暮らしを楽しんでいきたいと思います。(30歳~40歳代、女性)
  • とても楽しかったです。参考になりました。妻を大事にしていきたいと思います。(50歳~60歳代、男性)

平成30年度 男女共同参画講演会

平成30年9月13日(木曜日) 鹿屋市中央公民館
講師:安藤哲也 氏  (NPO法人ファザーリング・ジャパン代表)
演題:「笑顔のパパが家庭・地域を変える~仕事も育児も楽しむ方法~」

講師は、自身の経験から、父親であることを楽しみ、よい父親でなく笑っている父親になろうと決心。 子育てに関わることで、母親の育児ストレスが軽減され、自分に自活力がつき、世界が広がり人生が豊かになった。 男の育児は質より量が大事、出産と授乳は女性しかできないが、それ以外は女性も男性もできる。
 父親が変われば、「家庭、地域、企業が変わる、そして社会が変わる」と熱心にお話しいただきました。

参加者の感想

  • 家族みんなが笑顔になることが幸せになるということだとあらためて感じました。
    夫婦も互いに理解、尊重することが大事だと思いました。
  • 今の自分の働き方と子どもとの向き合い方を考えさせられる良い機会となりました。
  • 妻と夫の考えの違いなど「まったく持ってそのとおり!」と思うことがとても多かったです。
    今の鹿児島では、父親が育児や家事に積極的に参加し時間をかけることはまだまだ難しい部分があると思いますが、少しずつでも男性の育児、家事に対する考え方が変わっていけばいいと思います。
  • 父親が家庭に愛情、体力、時間を注ぐと、注いだものが家族を超えて地域まで幸せに導く可能性を感じました。

平成29年度 男女共同参画講演会

平成29年12月9日(土曜日) 鹿屋市文化会館
講師:露の団姫(つゆのまるこ)氏  (落語家)
演題:「頑張れ!あなたは宝物!」

前半は落語、後半は講演と二部構成で、講師のこれまでのご経験を基に、互いを認め合うことの大切さについてユーモアを交え楽しくお話ししていただきました。

お問い合わせ

鹿屋市市民生活部市民課男女共同参画推進室

電話番号:0994-31-1114

FAX番号:0994-31-1170

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?