閉じる

ホーム > 市政情報 > 入札・契約 > 工事成績関係 > 工事成績評定結果の公表及び鹿屋市優良工事表彰制度の創設について

更新日:2020年2月28日

ここから本文です。

工事成績評定結果の公表及び鹿屋市優良工事表彰制度の創設について

本市においては平成25年度から公共工事の適正な施工の確保及び工事の品質向上を図るため、工事成績評定結果の通知を開始したところですが、平成27年1月に策定した「鹿屋市入札制度見直し方針」に基づき、工事成績評定結果の公表及び優良工事表彰制度の創設について、下記のとおり実施することにしましたのでお知らせいたします。

鹿屋市工事成績評価要領

工事成績評定結果の公表について

  • 工事成績評定結果の公表については、予定価格が130万円を超える全工事を対象として、県及び他自治体において公表していることから、本市においても平成28年度から公表することとします。
  • 公表の方法は、評定結果を工事成績評定結果台帳に毎月分を取りまとめ、翌月末に市役所財政課契約検査室内(7階)で閲覧により公表します。

鹿屋市優良工事表彰制度の創設について

  1. 表彰の目的
    建設工事に従事する企業及び建設技術者の誇りや意欲の増進を図るとともに、技術の進歩向上と公共工事の品質確保に資するため、平成29年度より実施します。
  2. 表彰の種類
    優良工事表彰及び優秀技術者表彰
  3. 表彰の対象
    • 優良工事
      • 優良工事表彰の対象となる工事は、予定価格が130万円を超える土木、建築、電気、管、造園、上水道、下水道、舗装工事等であり、表彰を実施する年度の前年度に、総務部財政課契約検査室及び上下水道部工務課において、完成検査が完了した工事を対象とします。
      • 工事成績評定点を80点以上とする。ただし、同年度中に65点未満の工事があった場合には対象としません。
      • 市内に本店を有する者とします。
      • 表彰対象年度から表彰日までの間に、指名停止処分を受けていない者とします。
      • 市に納付すべき市税等を滞納していない者とします。
      • 表彰対象工事の施工業者が同一部門で重複するときは、当該施工業者が行なった工事のうち、1件を表彰します。
    • 優秀技術者
      • 優良工事表彰を受ける工事を担当した、主任技術者又は監理技術者とします。
      • 表彰対象年度から表彰日までの間に、刑罰又は行政処分等を受けていない者とします。
      • 市に納付すべき市税等を滞納していない者とします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市総務部財政課契約検査室

電話番号:0994-31-1178

FAX番号:0994-41-3081

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?