閉じる

ホーム > 産業・しごと > 農業・林業・水産業 > 農業 > 技術支援 > さつまいも関連情報 > サツマイモ基腐病対策(育苗期~定植)

更新日:2020年8月4日

ここから本文です。

サツマイモ基腐病対策(育苗期~定植)

近年、「さつまいも」の立枯症状や塊根の腐敗が発生し、収穫が大きく減少するなど被害が拡大しています。

育苗期から定植時にできる対策として、可能な限り下記の対策を徹底してください。

育苗床の土壌消毒

  • 土壌消毒前によくロータリーをかけて土を細かくする。
  • 降雨やかん水により土壌に適度な水分を確保する(土を握っても崩れない程度)
  • 土壌消毒後は直ちに覆土し、必ずポリエチレン、ビニール等で土壌を被覆するなど、使用する土壌消毒剤に応じた適切かつ効果的な使用、作業管理に努めましょう。
    土壌消毒剤使用の手引き(PDF:2,151KB)をご確認ください

健全種芋の確保

  • 定期的にバイオ苗を導入し、健全な種いもに更新する。
  • 前作で基腐病が発生したほ場からは絶対に種いもを採取しない。
  • 種いも生産時の感染を防ぐため、種いも専用の畑として過去に病害発生の無い畑を選定し、土壌消毒及び苗消毒を行い、バイオ苗など健全な苗を使用する。
  • 苗床に伏せ込む前に、病害発生いもや傷の多いいもなどは取り除き、健全ないものみを利用する。

種いもの消毒

  • 黒斑病を防除するために、トップジンM水和剤で種いもを消毒する。
  • 処理方法:200~500倍、20~30分間種いも浸漬

発病いもの除去

  • 育苗期に基腐病を発病した株は、地上部の変色や萎れ症状が見られるため、症状を確認したら直ちに種いもごと抜き取り、ほ場外に持ち出し処分する。
  • 採苗終了後、育苗床に伏せこんだ種いもはほ場外へ持ち出し、採苗終了後の速やかな耕耘及び夏場の耕耘、かん水などにより、ほ場内に残った残渣の分解を促進する。

採苗方法と苗消毒

  • 苗は、基部から離れるほど病原菌の感染リスクが低くなります。そのため、地面から5cm程度離れた位置で採苗すると、より健全な苗が確保できます。
  • ベンレート水和剤による苗消毒は、初期の発病抑制効果が高いので、必ず行う。
  • 苗消毒は必ず採苗当日に行い、消毒液は使用当日に調整したものを使用する。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市農林商工部農政課生産流通係

電話番号:0994-31-1117

FAX番号:0994-43-2140

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?