閉じる

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > スポーツ > ホームタウンスポーツ

更新日:2022年4月27日

ここから本文です。

ホームタウンスポーツ

ホームタウン

鹿屋市では、本市を拠点とするプロスポーツチームである「CIEL BLEU KANOYA(シエルブルーカノヤ)」や「MORI ALL WAVE KANOYA(モリオールウェーブカノヤ)」との連携により、スポーツ交流等による地域活性化に取り組んでいます。


CIEL BLEU KANOYA(自転車)

地域密着型プロサイクリングチーム「CIEL BLEU KANOYA(シエルブルーカノヤ)」は、全国トップクラスの実力を持つ鹿屋体育大学自転車競技部の卒業生を中心に、本市を拠点とする初のプロスポーツチームとして2015年に結成され、これまでオリンピック選手や日本代表を輩出し、日本実業団記録を多数塗り替えるなど、輝かしい成績を収めています。

昨年はチーム体制を一新し臨んだ国内最高峰のロードレースシリーズ戦であるJBCF(全日本実業団自転車競技連盟)「Jプロツアー」は、初年度にも関わらず13チーム中6位という素晴らしい成績でシーズンを終えました。

2022年シーズンは、「熱闘」をスローガンに昨年以上の成績を目指し頑張っていくチームの応援をよろしくお願いします。

Jプロツアーの順位(4/24現在)

順位 チーム ポイント
1 マトリックスパワータグ 5,195
2 愛三工業レーシングチーム 2,085
3 TEAM BRIDGESTONE Cycling 1,861
4 シマノレーシング 1,360
5 備後しまなみ eNShare 1,007
6 群馬グリフィンレーシングチーム 907
7 弱虫ペダルサイクリングチーム 612
8  CIEL BLEU KANOYA 433
9 アヴニールサイクリング山梨 380
10 イナーメ信濃山形 274
11 稲城FIETSクラスアクト 141
12  LEOMO Bellmare Racing Team 132
13 Team Eurasia-IRC TIRE 50

 

MORI ALL WAVE KANOYA(女子ソフトボール)

本市輝北町を拠点に活動する女子プロソフトボールチーム「MORI ALL WAVE KANOYA(モリオールウェーブカノヤ)」は、前身の「ALSOK鹿児島ALL WAVE」のメンバーを中心に日本リーグ加盟を目指して2020年に発足しました。

2021年から「日本女子ソフトボールリーグ」へ参戦し、初年度にも関わらず3部リーグで見事優勝を果たしました。

2022年はソフトボールリーグの体制が変わり、新たにプラチナセクションでの優勝を目指すチームの応援をよろしくお願いします。

日本女子ソフトボールプラチナリーグ順位(4/17現在)

順位 チーム 勝数 敗数
1

大和電気工業(長野)

2 0
1 MORI ALL WAVE KANOYA(鹿児島県) 2 0
3 YKK(富山) 1 1
3 VONDS市原(千葉)

1

1
5 ペヤング(群馬県) 0 2
5 ルネス紅葉スポーツ柔整専門学校(滋賀県) 0 2

お問い合わせ

鹿屋市市民生活部市民スポーツ課市民スポーツ係

電話番号:0994-31-1139

FAX番号:0994-31-1172

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?