閉じる

ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 起業・創業 > インキュベータ室入居者の育成、支援に関すること

更新日:2020年2月28日

ここから本文です。

インキュベータ室入居者の育成、支援に関すること

起業したい!新しい事業にチャレンジしたい!という方、鹿屋市産業支援センターインキュベータ室に入居してみませんか?
入居を希望される方は、入居申請関係様式を作成のうえ、お申込ください。
入居には、入居申請関係様式の提出及び審査が必要です。

現在入居募集は行っておりません

  • 入居期間:
  • 受付期間:

インキュベータ室とは、新事業の創出等を支援するため、その立ち上げ拠点として、企業等が使用する事業用スペースとして提供する施設のことです。

特色

低廉な施設提供

起業当初のコスト面のリスク低減を支援するため、低廉な使用料で事業用スペースを提供します。

協力・支援体制

ビジネスコーディネーター等による専門的指導・助言や日常的な情報の提供を行います。
産業支援センターで開催される各種セミナー等を優先的に受講できます。

24時間使用可能なインキュベータ室

センターの休日・夜間に関係なく24時間使用が可能です。

安全性の確保

休日、夜間には機械警備が行われ、セキュリティが確保されています。

インキュベータ室入居資格等(下記のいずれかに該当)

  1. 新たに起業化に取り組もうとする人又は使用開始時点で創業後3年を経過していない者
  2. 新たな事業や分野への進出又は研究開発に取り組もうとする事業者等

※入居申込者の現住所は市内外を問いません。

入居条件

  1. 鹿屋市産業支援センターインキュベータ室管理要領に定める事項を遵守すること。
  2. 他の入居者と調和をもって事業活動すること。
  3. 退去後も市内において事業展開すること。
  4. 危険物等の使用、騒音・悪臭等のおそれのある使用、公序良俗に反する仕様等を行わないこと。

入居期間

2年以内(特に必要があると認めた場合は、1年延長可能です。)
※1年毎の更新が必要です。

必要経費

使用料

  • インキュベータ室1(33.78平方メートル) 2万2~3千円/月
  • インキュベータ室2(33.31平方メートル) 2万2~3千円/月
    ※見直し時期があります。

共益費

  • 1,000円/月(上下水道代込み)

その他

  • 電気(基本料金除く)、電話、インターネット使用料等

※電話、インターネットは個別契約となります。

申請から入居まで

入居申請

入居希望者は入居申込書に、

  • 企業概要書
  • 事業計画書
  • 決算書(個人の場合は、直近年度の確定申告書等の写し)
  • 法人登記簿謄本(個人の場合は、住民票の写し)
  • 納税証明書 等

の必要書類を添付し提出してください。

入居審査

  • 1.第一次審査:書類審査
  • 2.第二次審査:審査委員会による審査
    • 第一次審査通過者本人が、事業計画等についてプレゼンテーションを行う形式です。
    • 審査委員はこれを審査し、入居者を選定します。
      ※審査結果に対する問い合わせには、お答えできません。

入居許可

市長に報告し、決定後入居許可書を交付します。

入居

入居許可書交付後、入居可能です。

インキュベータ室 平面図等

(JPG:199KB)(別ウィンドウで開きます)

区分

面積

使用料/月

共益費/月

インキュベータ室1

33.78平方メートル

2万2~3千円

1,000円

インキュベータ室2

33.31平方メートル

2万2~3千円

1,000円

設備

  • 空調設備 個別空調システム
  • 電気設備 単相100V(120A) コンセント 2口用×6か所
  • 電話設備 接続端子2か所
  • その他 24時間セキュリティ インターネット光回線整備

交通アクセス等

お問い合わせ

鹿屋市農林商工部産業振興課かのや食・農商社推進室

電話番号:0994-31-1180

FAX番号:0994-43-2140

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?