閉じる

ホーム > 暮らし・手続き > 土地・建物・住宅・道路 > 公営住宅 > PFIで子育て支援住宅(ハグ・テラス)を整備しました

更新日:2019年12月17日

ここから本文です。

PFIで子育て支援住宅(ハグ・テラス)を整備しました

公民連携((PPP/PFI)で子育て支援住宅を整備しましたので、事業概要を公表します。

新しい取り組み

鹿屋市西原4丁目の桜ヶ丘団地内の「地域優良賃貸住宅」の整備について、本市で初めての取り組みとなる「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(平成11年法律第117号。以下「PFI法」という。)により子育て支援住宅を整備しました。
PFI法で事業を実施することにより、団地の余剰地にスポーツと学問を両立させた民間の学童保育施設(アフタースクールと命名)と、親子で楽しめるカフェを誘致し、子育て世代を中心とする多世代交流の拠点として、地域の活性化に寄与する事業を目指しています。

公民連携(PPP/PFI)による公共事業については、以下の効果が期待されています。

  • 財政負担の軽減
  • 公有財産の有効活用
  • 民間の資金・ノウハウの活用
  • 良質な公共サービスの提供
  • 民間活用による地域経済の活性化
  • 民間企業の新たなビジネスチャンスの創出

公民連携(PPP/PFI)とは・・

PPP(PublicPrivatePartnership)

公共サービスの提供に民間が参画する手法を幅広く捉えた概念で、民間資本や民間のノウハウを活用し、効率化や公共サービスの向上を目指す手法。

PFI(PrivateFinanceInitiative)

公共事業に民間の経営ノウハウ、技術、資金を活用して、低廉で高品質の公共サービスを提供する手法。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市建設部建築住宅課住宅管理係

電話番号:0994-31-1129

FAX番号:0994-41-2936

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?