閉じる

ここから本文です。

まちの話題

かのやエンジョイスポーツ

11月13日、鹿屋体育大学で「かのやエンジョイスポーツ」が開催されました。
これは、3年ぶりに開催された鹿屋体育大学を利用した市民参加型の運動会。子どもから大人まで10チーム68人が参加し「ソーシャルディスタンスつな引き」や「○×クイズ」など、趣向を凝らしたスポーツ体験に会場は大いに盛り上がりました。

かのやエンジョイスポーツ1
かのやエンジョイスポーツ2
 

鹿屋市防災フェス

10月30日、霧島ヶ丘公園で「鹿屋市防災フェス」が開催されました。
子どもから大人まで楽しく防災について学ぶために初開催されたイベントで、防災に関する講演やグッズ展示のほか煙体験や豪雨体験ブースを設置。
また、当日展示してある消防や自衛隊車両と写真を撮るために長蛇の列ができていました。

防災フェス(1)防災フェス(2)

旧海軍航空隊串良基地出撃戦没者追悼式

10月15日、串良平和公園慰霊塔前広場で「旧海軍航空隊串良基地出撃戦没者追悼式」が行われました。
式では追悼飛行や遺族関係者による献花などが行われたほか、生存者の一人で、有田焼の人間国宝の井上萬二さんが4年ぶりに出席し、平和への思いを綴りました。

追悼式2

鹿屋看護専門学校学校祭「第15回白爛祭」

10月1日、鹿屋看護専門学校で「第15回白爛祭」が開催されました。
バザーや喫茶コーナーのほか、アロマオイルを用いた手浴、包帯法などの看護体験が催されました。
また、午前中にはオープンキャンパスも実施され、参加者は在校生との交流や施設案内などを受けました。

白爛祭(1)
白爛祭(2)

輝北ダム一斉清掃

9月11日、輝北ダムで一斉清掃が行われました。
令和5年に開催される「燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会」の機運醸成を目的として実施されたもので、周辺町内会や鹿児島県ボート協会、市内高校ボート部など約100人が参加。
除草作業やごみ拾いのほか、流木の引き上げなどを行い、国体のぼり旗や横断幕を設置しました。

輝北ダム清掃(1)

輝北ダム清掃(2)

第55回日本女子ソフトボールリーグ(プラチナセクション)第3節鹿児島大会

9月4日、平和公園多目的グラウンドで「第55回日本女子ソフトボールリーグ(プラチナセクション)第3節鹿児島大会」が開催されました。
当初は2日間の開催予定でしたが、天候不良や新型コロナウイルス感染症の影響により日曜日の1試合のみ実施。
輝北町を拠点に活動するチーム「MORI ALL WAVE KANOYA」が滋賀県の「ルネス紅葉スポーツ柔整専門学校」と対戦し、1対0で勝利しました。

女子ソフトボールリーグ第3節(2)

女子ソフトボールリーグ第3節(3)

鹿屋市環境フォーラム2022

8月21日、リナシティかのやで「鹿屋市環境フォーラム2022」が開催されました。
これは、2050年カーボンニュートラルの実現を目指して、環境にやさしい暮らしについて家族みんなで楽しみながら考える機会を創出するイベント。
会場では、柴さとみさんによる講演や、次世代自動車展示、ソーラーランプ作りなど様々なブースが設けられ、環境問題を楽しく学んでいました。

環境フォーラム1

環境フォーラム2

 

 

かのやマウンテンバイカーズfes.2022夏

8月7日、霧島ヶ丘公園マウンテンバイクパークで「かのやマウンテンバイカーズfes.2022夏」が行われました。
これは来年に予定されている「特別国民体育大会燃ゆる感動かごしま国体・特別全国障害者スポーツ大会燃ゆる感動かごしま大会の開催を記念して行われたイベント。
会場では参加した選手の熱気に包まれ、白熱した戦いが繰り広げられました。

まうんてんいち

かのやマリンフェスタ2022

7月25日、高須・浜田海水浴場で「かのやマリンフェスタ2022」が開催されました。
スタンドアップパドルボードやウィンドサーフィン、オーシャンカヤックといったマリンスポーツが体験できたほか、ビーチサンダルとばし大会や綱引き大会を実施。
当日は800人以上が会場を訪れ、太陽の下で海を満喫していました。

マリンフェスタ1

マリンフェスタ2

高須・浜田海水浴場が海開きしました

7月7日、高須海水浴場、浜田海水浴場・キャンプ場の開設式が行われました。
高須海水浴場で安全祈願の神事を執り行った後、高須保育園の子どもたちによる泳ぎ初めがあり、夏空の太陽の下で海を楽しむ姿が見られました。

海開き2

海開き1

楽団プロジェクトコンサート第1楽章「大隅の作曲家展」

6月25日、鹿屋市文化会館で「楽団プロジェクトコンサート第1楽章『大隅の作曲家展』」が開催されました。
主催した鹿屋市文化会館楽団プロジェクトは、大隅を拠点とする音楽家で構成される令和2年に結成された団体。
当日は大隅半島出身の5人の作曲家がアレンジした楽曲を、映像や朗読に合わせて楽団メンバーが演奏しました。

大隅の作曲家展1

大隅の作曲家展2

鹿屋市合同企業説明会

6月4日、かのやグランドホテルで「鹿屋市合同企業説明会」が行われました。
地元企業の雇用促進と地元就職希望者の活動支援のため、企業の魅力をPRするもので、今回は地元企業等40社が出展。
訪れた参加者は各ブースを熱心にまわり、雇用担当者から話を聞いていました。

面談2

面談3

第1回鹿屋市防災会議

5月24日、「第1回鹿屋市防災会議」が行われました。
国土交通省大隅河川国道事務所をはじめ、30以上の関係機関が参加。
古江町と新川町で現地視察が行われた後、市役所で令和3年度の防災に関する取り組み状況の報告と、鹿屋市地域防災計画の修正や指定避難所の見直しについての協議がなされました。

防災会議2

防災会議3

第34回南日本クロスカントリー大会INきほく

5月8日、輝北うわば公園で「第34回南日本クロスカントリー大会INきほく」が行われました。
3年ぶりとなる同大会には、県内から約300人のランナーが参加。
参加者は起伏の激しいコースに歯を食いしばり懸命に走りながらも、爽やかな汗を流しました。

クロカン2

クロカン3

「かのやばら祭り2022春」を開催しています

4月29日から始まった「かのやばら祭り2022春」は、6月4日まで開催しています。
この時期にしか見ることのできない「つるバラトンネル」など、園内は写真映えするスポットが満載です。
1,500品種35,000株が植えられた日本最大規模のばら園に、ぜひ、遊びにきてください。

ばら祭り

ばら祭り2

「鳴之尾牧場の入牧式」が行われました

4月15日、鳴之尾牧場で春の入牧式が行われました。
おおむね6~12か月の入用子牛を酪農家から預かり、今年度は54頭が入牧、下牧が37頭となり入牧後は118頭の放牧牛が管理されることとなります。
放牧により自然環境の中で牛を鍛えることで、骨格を作り、良い品質の牛を育てることができます。
コロナ禍により、一般公開の入牧式は2年ぶりとなりましたが、54頭の牛は元気に入牧を完了しました。

入牧いち

入牧に

「第65回鹿屋航空基地特別攻撃隊戦没者追悼式」が挙行されました

4月2日、小塚公園慰霊塔前広場で「第65回鹿屋航空基地特別攻撃隊戦没者追悼式」が挙行されました。
これは、太平洋戦争中に特別攻撃隊として旧鹿屋航空基地を飛び立ち、国難に殉じた御霊を慰めるとともに、恒久平和の実現を祈念するために執り行われるものです。
新型コロナウイルス感染拡大対策として、参列者数及び式典内容を縮小して実施。
追悼の言葉や献花、中学生による平和のメッセージの朗読などが行われました。

戦没者追悼式2

戦没者追悼式

まちの話題バックナンバー

お問い合わせ

鹿屋市市長公室政策推進課広報グループ

電話番号:0994-31-1123

FAX番号:0994-42-3862

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?