閉じる

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 高齢者福祉 > 介護保険サービス > 利用者負担の変更について

更新日:2020年9月1日

ここから本文です。

利用者負担の変更について

令和2年7月豪雨災害の被災者の方へ

令和2年7月豪雨災害の被災者の方は、介護保険の自己負担が免除されます。詳しくは、下記PDFファイルをご確認ください。

保険証や現金がなくても医療機関等を受診できます(介護保険)(PDF:133KB)

介護保険負担割合証

平成30年8月から現役並みの所得のある方は、介護サービスを利用した時の負担割合が3割になります。

介護サービスを利用する場合には、費用の一定割合を利用者の方にご負担いただくことが必要です。
この利用者負担割合について、これまでは1割又は一定以上の所得のある方は2割としていましたが、平成30年8月から65歳以上の方(第1号被保険者)であって、現役並みの所得のある方には費用の3割をご負担いただくことになります。

高額医療・高額介護合算制度の負担限度額(年額/8月~翌年7月)

平成30年8月から「現役並み所得者」が細分化され、負担限度額が変わります。

介護保険と医療保険の両方の利用者負担が高額になった場合は合算することができます(高額医療・高額介護合算制度)。
介護保険と医療保険それぞれの月の限度額を適用後、年間(8月~翌年7月)の利用者負担額を合算して下表の限度額を超えたときは、申請により超えた分が後から支給されます。

平成30年7月算定分まで

所得区分

70~74歳の人がいる世帯

後期高齢者医療制度で医療を受ける人がいる世帯

現役並み所得者

67万円

67万円

一般

56万円

56万円

低所得者2.

31万円

31万円

低所得者1.

19万円

19万円

平成30年8月算定分から

所得区分

70~74歳の人がいる世帯

後期高齢者医療制度で医療を受ける人がいる世帯

課税所得690万円以上

212万円

212万円

課税所得380万円以上

141万円

141万円

課税所得145万円以上

67万円

67万円

一般

56万円

56万円

低所得者2.

31万円

31万円

低所得者1.

19万円

19万円

低所得者1.区分の世帯で介護保険サービスの利用者が複数いる場合は、限度額の適用方法が異なり

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市保健福祉部高齢福祉課給付管理係

電話番号:0994-31-1116

FAX番号:0994-41-0701

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?