閉じる

ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 市民税・県民税 > 令和3年度市民税・県民税の申告を受け付けます

更新日:2020年12月25日

ここから本文です。

令和3年度市民税・県民税の申告を受け付けます

市では令和3年2月1日(月曜日)から市民税・県民税の申告を受け付けます。
新型コロナウイルス感染症による3密(密集、密接、密閉)を防ぐため、令和3年度市民税・県民税申告より会場を変更して受け付けを行います。
町内会等で日程を割り振っているので、日程表に合わせての受付にご協力ください。

なお、確定申告(株式、配当及び1回目の住宅借入金等特別控除等の内容)を行う場合は、税務署での申告をお願いします。

感染症予防対策にご協力ください

感染症予防対策のため、申告会場が変わります。
会場や日程の詳細については、申告受付日程表をご覧ください。

各会場で感染症予防対策を徹底します。
申告の際は、マスク着用、手指消毒、少人数(原則1人)での入場にご協力ください。
また、会場内の入場制限と定期的な換気を行っているため、防寒対策をお願いします。
消毒済の筆記用具の貸出はありますが、感染症予防対策の観点から持参をお勧めします。

以下の項目に該当する人や体調の悪い人は、申告を受け付けることができませんので、事前にご確認のうえ日程の変更をお願いします。

※は過去2週間以内の状況

  • 体温が37.5度以上ある人
  • 新型コロナウイルス感染症陽性とされた人又はその疑いがある人と濃厚接触した人(※)
  • 海外や感染拡大地域の人と接触した人(※)
  • 海外や感染拡大地域を訪れた人(※)

ページの先頭へ戻る

市民税・県民税申告が必要な人

令和3年1月1日時点で鹿屋市に住所がある人は、原則として申告が必要です。
ただし、次のいずれかに該当する人は、申告する必要はありません。

  • 令和2年分の所得税の確定申告書を税務署へ提出した人、又は提出予定の人
  • 前年中の収入が給与だけで、勤務先から市に給与支払報告書が提出され、雑損控除・医療費控除等を追加する必要がない人
  • 配偶者控除、扶養控除の対象になっている人で、令和2年中に収入がなかった人(扶養者と被扶養者が同一世帯の場合のみ。ただし、個人の課税(非課税)証明や所得証明が必要な場合は、申告が必要です。)
  • 公的年金のみを受給している65歳以上(昭和31年1月1日以前生まれ)の人で、公的年金収入金額(支払先が2か所以上あるときはその合計額)が148万円以下の人
  • 公的年金のみを受給している65歳未満(昭和31年1月2日以降生まれ)の人で、公的年金収入金額(支払先が2か所以上あるときはその合計額)が98万円以下の人
  • 前年中の収入が公的年金だけで、その公的年金の支払先から送られてきた扶養親族等申告書を提出済みで、社会保険料控除・生命保険料控除・医療費控除等の追加をする必要がない人
  • 令和3年1月1日現在、生活保護受給者で、令和2年中にその他の収入がなかった人
  • 障害年金又は遺族年金の受給者で、令和2年度市民税・県民税申告を行った人

ページの先頭へ戻る

申告に必要なもの

※マイナンバーカードがない場合は下図のとおりマイナンバー(個人番号)・本人確認が必要になります。マイナンバー番号

 (注意)氏名、住所等が住民票記載事項と一致しない通知カードは、マイナンバーを証明する書類として使用できません。

  • 令和2年中の収入状況が分かるもの
  1. 給与・公的年金の源泉徴収票、給与支払明細書など
  2. 営業、農業、不動産などの収入額、販売額及び収支が分かる帳簿や領収書など

※記帳・帳簿等の保存が義務となっています。ご自身で収支を整理し、収支内訳書を作成してから申告してください。

  • 控除を受けるための書類
    ア.令和2年中に支払った医療費控除の明細書(ご自身で作成してください。)
    イ.健康保険料・国民年金保険料などの領収書、生命保険料・地震保険料などの控除証明書
    ウ.障害者手帳・障害者控除対象者認定書(※詳細は高齢福祉課まで)【障害者控除】、学生証【勤労学生控除】など
    エ.配偶者の収入を証明するもの【配偶者特別控除】
    オ.寄附をした場合、日本赤十字社等の発行する領収書や地方公共団体の発行する寄附金受領証明書【寄附金控除】
    (ワンストップ特例を申請した人で、申告が必要になった人を含む。)

ページの先頭へ戻る

市民税・県民税申告書

ページの先頭へ戻る

所得や控除について

令和3年度より計算方法が変更になりましたのでご注意ください。

ページの先頭へ戻る

市民税・県民税申告相談日程表

※営業・農業・不動産収入のある人は、必ず収入と経費をまとめて計算したうえで、申告してください。
感染症予防対策のため、なるべく次の日程でお越しください。

 

期日

場所

町内会・自治会・班

鹿屋地区

2月9日(火曜日)~3月5日(金曜日)

※土曜日・日曜日・祝日・2月15日(月曜日)除く

市役所第一別館

(南側駐車場)

吾平地区

2月22日(月曜日)~3月5日(金曜日)

※土曜日・日曜日・祝日除く

吾平保健センター

輝北地区

2月8日(月曜日)~2月12日(金曜日)

※土曜日・日曜日・祝日除く

輝北総合支所

2階会議室

串良地区

2月1日(月曜日)~2月19日(金曜日)

※土曜日・日曜日・祝日除く

串良ふれあいセンター

割当てられた期間に都合のつかない人

2月1日(月曜日)~2月8日(月曜日)

2月15日(月曜日)

3月8日(月曜日)~3月15日(月曜日)

※土曜日・日曜日・祝日除く

市役所第一別館

(南側駐車場)

日曜申告

2月28日(日曜日)

各地区会場

令和3年度(令和2年分)申告からの主な税制改正について

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市総務部税務課市民税係

電話番号:0994-31-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?