閉じる

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 高齢者福祉 > 在宅福祉サービス > わたしのこれからノート

更新日:2020年10月19日

ここから本文です。

わたしのこれからノート

鹿屋市では、万が一の際に、ご家族や医療・介護等の支援者にご自分の思いや情報を伝えるエンディングノートをご案内しています。

高齢者のみの世帯が増加する中で、万が一の際のことには十分な備えをしておきましょう。

わたしのこれからノート

元気で判断能力があるうちに、自分の思いを書き記し、万が一のことがあった時、まわりの人たちにその思いを伝えることができるよう鹿屋市エンディングノート「わたしのこれからノート」を作成しました。
ノートに思いを書き出すことで、今後の人生を前向きに生きることにもつながります。
希望される方には、鹿屋市役所高齢福祉課、各総合支所等で無料で配布しています。

作成部数

3,000部(部数に限りがあります。)

ノートの構成

1.わたしのこと

2.もしもの時は

3.旅立ち

4.大切な人たち

5.財産について

配布場所

鹿屋市役所高齢福祉課(1階7.番窓口)又は各総合支所の住民サービス課、包括支援センター等申請窓口で即日交付

セミナー

お問い合わせ

鹿屋市保健福祉部高齢福祉課介護福祉係

電話番号:0994-31-1116

FAX番号:0994-41-0701

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?