閉じる

ホーム > 産業・しごと > 農業・林業・水産業 > 農業委員会 > 農業委員会 > 農地法第3条に基づく許可申請

更新日:2020年3月10日

ここから本文です。

農地法第3条に基づく許可申請

農地の売買や貸借

農地を農地として所有権を移転したり、貸借権を設定するときは農地法の許可等が必要です。農地の売買や貸借等を行うときは、事前に農業委員会事務局へご相談ください。
なお、農地の貸借権を解約する場合にも、農業委員会事務局へお知らせください。
農地を農地として「買いたい」「売りたい」「借りたい」「貸したい」とき、2つの方法があります。

農地法第3条に基づく許可申請

農地は、耕作者自らが所有することを前提とし、資産保有や投機目的など「耕作しない目的」での農地の取得等を規制するとともに、農地を効率的に利用できる農業経営者に委ねることを目的としています。

「農地法第3条の主な許可基準」

農地法第3条に基づく許可を受けるためには、次のすべてを満たす必要があります。

  • 申請する農地を含め、所有する全農地を効率的に利用して耕作を行うことが認められること。
  • 譲受人やその家族が常時農作業に従事すること。(年間150日以上)
  • 法人の場合は、農地所有適格法人(旧農業生産法人)の要件(農地法第3条第2項第2号)を満たすこと。
  • 今回の申請地を含め、耕作する農地の合計面積が下限面積(※下限面積設定)以上であること。
  • 申請農地周辺の農地利用に影響を与えないこと。

下限面積の設定

鹿屋市における下限面積は、農林業センサス等の結果を踏まえ農地法施行規則第20条に定める別段の面積として、40a(4,000平方メートル)としています。なお、この下限面積は、毎年度見直しを行うこととしています。

様式集

農地法第3条関係

営農計画書

PDF(PDF:33KB)(別ウィンドウで開きます)

Word(WORD:22KB)(別ウィンドウで開きます)

記載例(PDF:44KB)(別ウィンドウで開きます)

確約書

PDF(PDF:60KB)(別ウィンドウで開きます)

Word(WORD:24KB)(別ウィンドウで開きます)

記載例(PDF:75KB)(別ウィンドウで開きます)

事業計画(法人)

PDF(PDF:15KB)(別ウィンドウで開きます)

Excel(EXCEL:22KB)(別ウィンドウで開きます)

 

3条申請書

PDF(PDF:388KB)(別ウィンドウで開きます)

Excel(EXCEL:199KB)(別ウィンドウで開きます)

記載例(PDF:401KB)(別ウィンドウで開きます)

農地法チェック表

PDF(PDF:43KB)(別ウィンドウで開きます)

Excel(EXCEL:38KB)(別ウィンドウで開きます)

記載例(PDF:47KB)(別ウィンドウで開きます)

農地法第18条関係(農地法第3条、基盤強化法共通)

農地の貸借について、貸し手と借り手の間で契約を解除する合意ができた場合には、農業委員会まで通知することが必要です。(用紙サイズA4)

使用貸借権合意解約(18条1項)

PDF(PDF:74KB)(別ウィンドウで開きます)

Word(WORD:38KB)(別ウィンドウで開きます)

記載例(PDF:114KB)(別ウィンドウで開きます)

賃借権合意解約(18条6項)

PDF(PDF:110KB)(別ウィンドウで開きます)

Word(WORD:38KB)(別ウィンドウで開きます)

記載例(PDF:127KB)(別ウィンドウで開きます)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市農業委員会事務局農地係

電話番号:0994-31-1131

FAX番号:0994-41-2935

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?