閉じる

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 高齢者福祉 > 事業者向け情報 > 厚生労働大臣が定める回数以上の訪問介護(生活援助中心型)を位置付ける場合の届出について

更新日:2020年2月28日

ここから本文です。

厚生労働大臣が定める回数以上の訪問介護(生活援助中心型)を位置付ける場合の届出について

平成30年度介護報酬改定により、指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準(平成11年3月31日厚生省令第38号)の指定居宅介護支援の具体的取扱方針に、厚生労働大臣が定める回数以上の訪問介護を位置付けた居宅サービス計画の市町村への届出が新たに位置付けられました。
これは、訪問介護のうち、生活援助が中心であるサービスの利用回数が、統計的に見て平均よりかけ離れている場合には、利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用等の観点から、市町村が居宅サービス計画の内容を確認し、必要に応じて是正を促していくことが適当であるという考えに基づき、設けられた基準です。
つきましては、厚生労働大臣が定める回数以上の訪問介護を居宅サービス計画に位置付けた場合には、下記の手順により届出を行ってください。

届出の対象となる居宅サービス計画

平成30年10月1日以降に利用者の同意を得て作成または変更し、交付した居宅サービス計画書で、厚生労働大臣が定める回数以上の生活援助中心型の訪問介護を位置付けたもの。(ただし、軽微な変更のものは除く。)

厚生労働大臣が定める回数

厚生労働大臣が定める回数(1月あたり)は、次のとおりです。

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

27回

34回

43回

38回

31回

身体介護に引き続き生活援助を実施しているもの(身体1生活1等)は対象に含みません。
介護保険最新情報Vol.652「厚生労働大臣が定める回数及び訪問介護」(PDF:162KB)(別ウィンドウで開きます)

提出書類

  1. 訪問介護が厚生労働大臣の定める回数以上となる居宅サービス計画の届出書(WORD:17KB)(別ウィンドウで開きます)
  2. 居宅サービス計画書の写し(第1表から第7表)
  3. 訪問介護計画書の写し

留意点

  • 居宅サービス計画書の第1表は、利用者の同意を得て交付したもの(署名捺印があるもの)を提出してください。
  • 居宅サービス計画書の第5表は、生活援助中心型の訪問介護が必要な理由を記載したページのみ提出してください。
  • 市では、提出された居宅サービス計画書等の確認を行い、必要に応じて担当ケアマネジャーへの聞き取りや地域ケア会議によるケアプランの検証を行う予定です。

提出期限及び提出先

居宅サービス計画を作成または変更した月の翌月の末日までに、高齢福祉課給付管理係へ提出してください。
※今後、厚生労働省から通知やQ&A等が発出された場合は、改めてお知らせいたします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿屋市保健福祉部高齢福祉課給付管理係

電話番号:0994-31-1116

FAX番号:0994-41-0701

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?